2015年10月29日撮影104号室最新写真

クリックでオリジナル画像が表示されます。

ドアを開けたところです。東向きの北側の窓から少し日差しが入ります。


日当たりの様子を見てもらうため、照明は点けていません。
天井の中央付近に端から端まで2本のライティングレールを付けています。
多くの照明を自由な配置で設置できます。


季節は秋。時刻は午前11時ごろです。


お世辞にも日当たりが良いとは言えませんが、それほど悪くもない…。


日当たりが気にならない人にとっては11帖の広くてすごく良い部屋です。


入口から全体が見渡せるのがネックですが、中央付近を1m程度の棚などで区切り、
その奥の反対側にベッドなどを置いてプライベート・スペースとし、手前側にテーブルや椅子を置いて
リビング兼応接スペースとするなどのアイデアが考えられます。


そういった配置にすることも可能な広さです。


大型クローゼットです。これはドアを閉めた状態。


ドアを開けると、こういうことです。幅210cm、奥行き75cm。


茶色のドアが入口です。重厚感のあるドアです。


白いドアの奥にキッチンがあります。


新設のPanasonic製エアコンです。


天井付近の扇風機も新品。こちらは冬場にサーキュレーターとして活躍。結露も防げるし、燃費も向上。


カーテンレールはダブル。


南側の窓も同じです。窓は縦横180㎝ぐらいです。


北側の窓から庭に出てみましょう。透明な屋根付きの庭です。


この庭は広いです。約2m×5mの専用庭です。物置を置けばさらに部屋が広く使える!


お隣と離れているから日当たりもある程度あるわけです。


洗濯機は外に置くことも中に置くこともできますが、外に置いたほうが部屋を広く使えます。
提案としてジョイントタイルを少し敷いています。こうすれば靴を履かなくても洗濯機まで行ける。
日当たりが良すぎないことが幸いして、洗濯機は紫外線で劣化することはありません。


庭の北側の壁にわずかに日差しが届いています。もうすぐ冬至なのでこの程度ですが、
初夏はもっと日が当たります。


少しでも日当たりを確保するための透明な屋根。


再び室内。白いドアがキッチンのドアです。


ドアを開けてキッチンを見てみましょう。


キッチンにも網戸付きの大きな窓があります。


間口120cm奥行き45cmの流し台。ガスレンジ台、シンクともに、60cm幅。


シンクの上にちょっとした棚を付けています。


その上には吊戸棚があります。


換気扇は直接換気型。Panasonic製の新品。


床は明るい木目調のクッションフロア。


室内に洗濯機を置くとするならば、左奥になります。


冷蔵庫スペース。幅60cm。


冷蔵庫スペースのコンセントは上のほうにあります。


奥はユニットバス。3点一体型。それにしては珍しい温水洗浄便座。


温水洗浄便座はPanasonic製の新品。コンセントもあるからドライヤーも使える。


バスタブは、よくホテルなどにある、何とかつかれるぐらいの大きさ。


まあ、主にシャワーでしょうかね。シャワーカーテンも新品を付けてます。
換気扇はPanasonicの新品。照明は全てLED。
とにかく、設備は積極的に交換します。


電気回路は20Aが3回路。